訪問診療記録 : 株式会社カゴオ 籠尾ドック様(高知県)


浮きドックの修繕

 

株式会社カゴオ様の籠尾ドックを11月15日に訪問致しました。

籠尾ドック様は、船舶の修理・メンテナンスを行っており、馴染みのある船で言えば、カツオ一本釣り漁船で有名な「明神丸」や画像にある浮きドック等も手掛けています。陸に上がっている船はより一層大きく、圧巻でした。

修理・メンテナンス業務は、扱っている部品が大きく、数名で行う場面が多くあります。したがって、如何に短時間で効率よく作業できるかが、収益に大きく影響致します。また、他の製造業と同様、間接業務(書類作成)の効率化も課題の1つです。

IoTは目的ではなく手段ですが、IoTの効能の1つは、間接業務の効率化が図れることにあります。

勿論、壮大なIoT像を描くこともできますが、カイゼン文化を形成して会社の基礎体力を付けつつ、間尺に合ったところから構築して効果を積み重ねていくことが重要です。その先に壮大なIoT像が見えてきます。

未病状態から治療を通じて、籠尾ドック様が健康になるべく、「産業界の総合診療医」として尽力させて頂く所存です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)