私たちは、【産業界の総合診療医】

日本の産業は、世界水準と比較して労働生産性が低いと叫ばれています。少子高齢化が加速する中、今、まさに時代の変わり目を迎えようとしており、日本の産業は生産性向上を目的とした真の「働き方改革」を実現しなければなりません。

日本企業の99%以上は中小企業であり、日本の経済・産業の発展は、この中小企業の発展なくして実現はあり得ません。第一次産業・第二次産業・第三次産業、あるいは、農業・工業・林業・漁業・水産業・サービス業・・・業界問わず、生産性向上が進まない病を適確に診断し、適切な処方箋を施し、寄り添った治療を実現する、産業の総合診療医が必要なのです。

<背景>

これまで日本のGDPを支えてきた製造業をはじめとする産業は、グローバル化により激しい競争に晒されています。この状況下においては特に、所謂、太平洋ベルト地帯に属しない地域は今や深刻な危機に直面しています。

これらの地域を見ると、製造業をはじめとする第2次産業が占める割合が比較的小さく、第0次・第1次産業が主体のエリアが多いことが特徴として挙げられ、これら地域の産業の中心は、多くの中小企業によって支えられています。

<これまでの流れと現状>

人不足が深刻になる中、政府は労働生産性の向上や働き方改革を旗印に、IoTやAIの導入を促進してこの危機を乗り越えそうとしています。製造業においても、日本の経済を牽引してきた自動車産業では、カイゼンによる品質向上とコストダウンを日々積み上げてきた歴史があり、「人・物・金・知識・情報」が豊富な大企業に限っては、IoT、延いてはAIの導入に対する働き方の変化にする体力を備えています。

しかしながら、中小企業はカイゼン文化をはじめとする積み重ねが乏しく、変化に耐えうる体力を備えていないところが多いのが現状であり、これは自動車産業においても例外ではありません。また、自動車産業以外の大企業においては、 「人・物・金・知識・情報」が豊富であるにも関わらず積み重ねが遅れている企業もあり、規模が大きい分、更に深刻であると言えます。

<DocFAIの考え方>

私の長い経験から、ある時こんなことに気が付きました。

「どんな産業においても、必ず、指示がされ、作業が行われ、そこには情報やモノが流れ、アウトプットを生み出す。」

「脳(技術)から指示が出され、臓器(人・設備・作業)によって形を変え、そこには血液(情報=文書、SNS、口頭連絡、データ、もの)が血管(プロセス)を通して流れ、そして熱や運動エネルギーを生み出す、それはまさしく人間と同じではないか」

と。

また、一見同じと思える職種でも、使用する設備、そこで働いている方々が組織の文化を作っています。そのため、たとえば、同じ様な部品を扱っている中小のプレス成形メーカでも各企業によって仕事のやり方は異なります。つまり、個性があるということです。

<DocFAIのアプローチ>

各企業により個・性があるということは、治療の方法・優先度・規模もそれぞれで異なっており、幾つかのアプローチが存在すると考えられます。画一的な治療ばかり重ねてきた企業の場合には、人間と同じように自覚症状がなく、病状が発覚した時には手遅れ、という最悪の状況も考えられるわけです。

そこで、DocFAIは、あらゆる産業に対する総合診療医になるべく起業いたしました。

DocFAIは、

「We are the Doctor For All Industries」の略称です。

各企業のお客様(患者)に寄り添い、対面診療、健康診断、精密検査を浸透させることを第1の目的とし、患者の状態を的確な診断を通じて、治療の優先順位、治療法および処方箋をご提案致します。

<IoTの導入、その前に>

昨今では、IoTがもてはやされておりますが、実は、IoTでは生産性は向上しません。IoTは人間に例えれば、生活習慣病寸前の患者をもとの健康な状態に戻すだけです。生産性向上とは本来、その次のステップにて、自動化等を適用すること等により実現するものです。

私自信も経験しましたが、手術を受ける前に手術に耐えうる体の状態かをチェックします。IoTを導入するにしても、そこで不適合であれば、治療を受けて手術に耐えられる体にしなければなりません。中小企業のお客様には手術に耐えられる体になっていない企業様が多いことが現実です。IoTを導入する前にはやることがあるのです。もちろん、IoTを導入してもそれが終わりではなく、お客様の体力によっては、ステップbyステップで進めて行かなければなりません。

真の健康体を取り戻し、かつ自動化等で生産の向上を実現するためには、自己の直視と理解から始めなければなりません。これが全ての出発点です。

<勇気を持って!>

正しい処方は”今”を正しく知ってこそ!

「夢は大きく、まずは小さく」

必ず皆様の間尺に合った治療を施すことができます。
IoTもAIも必ず皆様の間尺に見合った仕組みが見つかります。

皆様、勇気を持って自己を直視し、自分の状態を理解するところから始めてみては如何でしょうか。