高知県の1次産業の現状(工程)診断を実施致しました。


 6月5日、6日に掛けて、高知県内の1次産業を視察し、現状(工程)診断を行いました。

 1次産業は、何かの価値(食物等)を生み出して(収穫して)対価に変える活動ですが、2次産業(製造業)と同様に価値を生み出すプロセスが存在し、そのプロセスには人が介在しています。しかしながら、製造業では当たり前であります、5S、カイゼンの積み重ねによる品質向上、コストダウンといった取り組みは、1次産業においては定着しておりません。

 逆に捉えれば、生産性向上(効率化)の余地は沢山あると言えます。

 高知県の生産性向上推進アドバイザーとして、1次産業の生産性向上にこれからも協力して参ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)